2011年 8月 の記事

白ごはんを残す男

白蓮会館の先生の記事でいいことが書かれていましたのでちょっとご紹介!

『白ご飯を残す男は、間違いなくダメ男やねん。それみただけで、そいつの育ちが全部わかるわ。ごはん残す男とは絶対結婚したらあかんねんで』。

 なぜだと思います?

おかずと白ご飯の分量を割り振りできず、味の濃いおかずを先に食べ尽くしてしまい、ご飯が残るわけですよ。 とにかく、こんな男はダメなんだそうです。

理由1。 大好きなおかずを先に食べたい欲望を抑えきれない。 →目先の利益にとらわれ、何につけ辛抱できない可能性大。

理由2。 おかずと白ご飯のバランスがわからない。 →金銭的収支感覚も疎い可能性大。

理由3。 人間1日3回食事をする。 それを毎日繰り返しているにもかかわらず反省がない。 →将来、同じ間違いを、間違いとも思わず一生繰り返し続ける可能性大。 食事という、これだけリベンジの機会の多い分野で全く学習しない男って、アタマが悪い上に、ほとんど向上心もない。

理由4。 人前で平然とごはんを残すことを恥ずかしく思っていない。 →母親が子供のわがままをなんでも許してきた可能性大。 ということは、それ以外にもわがままな面が随所に散りばめられていることは想像に難くない。

理由5。 男性として小食であること自体、性的魅力なし。

以上。 要するに白ご飯を残す男っていうのは、今は良くても将来的に、給料をもらったその日のうちに使い切り、カードで買い物をしまくり、かといって将来昇給の見 込みは薄く、家では自己中に振る舞い、それでいて生殖能力も低いという、どうしようもない男に変身する可能性が高いわけです。 もろもろの善男子。 汝、好きな女の見てる前で決して白ご飯を残す勿れ。 もろもろの善女人。

汝、白ご飯を 『もう食えん』 とか言って、堂々と残す男と結婚する勿れ。

三浦海岸にて合同合宿!!

この20、21日と一泊二日で三浦海岸「タナベ研修センター」にて横浜支部主催の合宿に浦和支部から12人で行ってきました。

武蔵浦和から電車を乗り継ぎ約2時間かけて目的地三浦海岸まで。

 お天気はというとあいにくの曇り…。しかも雨の予報が…。

 残念ながら初日夕食後の花火、二日目のBBQも中止。

 うちの道場生はこっちの方を楽しみにしてましたからね。

 そして初日到着後、夕食まで稽古、その後も9時半頃まで稽古。

 二日目の朝食後に昼まで稽古とこの二日間稽古漬けの合宿でした。

 それにしても刺激のあるいい稽古できました。

いつもなら弱音を吐きそうなうちの子供達も最後まで同じようにやり遂げたのにはほんと感心。

スパーリングでも以前と比べ上達してましたしね。成長してますね~。

 自分も久々にスパーリングできたのですが稽古不足のせいで恥かしながら最後はフラフラ…。

 そして二日目のBBQは中止でその代わりにみんなで海岸沿いの地魚ダイニング「魚敬」にてランチ。

 

美味しかった!

レストランからの景色。くもり&小雨で夏休みというのに人いません…。

まぁいろいろありましたが無事に怪我等もなく無事浦和まで帰ってこれました。皆さんお疲れ様でした!!

あと夏休みが約1週間、宿題大丈夫か~?

 この二日間いろいろと準備していただいた横浜支部の皆様、O崎支部長。また鎌倉支部K井支部長ありがとうございました。また次回よろしくお願いします。